お便り

2008年01月25日

鹿児島の村末学級のこどもたち20人から、

再びお手紙が届いた。


うれしいな。

「何でも書いてようし」という小さなプリントに、

のびのび書いている字が、かわいい!


今日は、抗ガン剤を飲むのが、つらくて、

コタツの上に置いたまま、コタツにもぐりこんで、

クマの冬眠状態だった。

エリックマリアの演奏のCDをかけながら、読んだ。

泣いちゃった。

 

子どもは、どこの学校へ行っても、おもしろくて、ステキだと思う。

でもそれをとりまく大人たちが、疲れて、乾いて、

パサパサになっているように感じるんだなあ。

 


村末さんは、ひと味違う。クラスを開き、

 

教室から発信しようとする教師は、大好き。

 

6年生のみんなに会いたくなった。