たくさんのコメント・メール、感謝!!

2008年02月04日

毎日、ブログをあけながら、みなさんたちの書き込みをくりかえし読み、

「うれしいなあ! 会ったことのない人が、こうしていろんな声を、

私にとどけてくださって!」と心から、喜んでいます。


本当にありがとうございます。

 

 

昨日は、種村エイ子さんが豊後高田に来てくださって、

絵本による「いのちの授業業」をしてくださいました。

 

 

その話も、エリックマリアの話も、皆さん方からのメールのお返事も、

書きたいことはい~~っぱいあるのですが、

病気のため、最近、痛みが、強くなり…右腕が使えないのです。

パソコン打てないちゃね。

 


今日は、病院へ行き、痛み止めをもらってきました。

そしてたら、今は、極楽です。

 この瞬間は、痛みがないので、今からゆっくり眠ります。

 

 

そんな状態なので、書けるときまで、ちよっとまってくださいね。




コメントをどうぞ!

こんにちは!種村さんのいのちの授業ってみてみたいです。絵本とはどこかにいけばみれるのですか?今日は痛みはどうですか。
何か食べたいものはありませんか?
さかなやさんに走りますよ。
イカのおさしみがいいかなあ・・・
痛みが少しでも和らいでくれることを
願ってます。

投稿者そがちゃん:2008年02月05日 11:25

山田 先生

突然のメールで失礼します。

私は名古屋市で小学校教諭をしている者です。
アンビリーバボーを見て,感動しました。
命とは生きるとはどいういうことか,私自身本当に勉強になりました。涙なしにはみれませんでした。

現在6年生の担任をしています。卒業前に先生のお話を子どもたちが聞くことができたらと思いました。

一教員として,先生のような「生きるとはどういうことか」を伝えていけるような人間になりたいと思います。

本当にありがとうございました。

投稿者nakagawa:2008年02月05日 19:10

そがちゃん、こんにちは。私が当日紹介した絵本は豊後高田市の「はないろ」(だったかな?真ちゃんの勤務先)においてきました。ふだん使っている絵本は「シリーズいのちの授業」(ポプラ社)と「いのちー幼児がじっと聞きいる絵本リスト」(明治図書」に書いています。(山ちゃんのブログを借りてちゃっかり宣伝してしまいました。いいのかな。高文研さんごめんなさい)
宇佐市民図書館にももちろんあります。豊後高田の人には貸出していますよ。ここの図書館では山ちゃんの本はなんと郷土資料に入っています。

投稿者種村:2008年02月07日 18:48