御縁玉⑥ 最終回 ~地球をまわる五円玉~

2008年02月06日

12月30日から、健ちゃんと江口ちゃんは、わが家でホームステイ。

日本のふつうのお正月を体験することになった。


この日は、真美(娘)の成人式の写真撮影。健ちゃん、一日中、目がハート。

振り袖姿の真美にうっとりしていたっけ。

 

振り袖姿の真美と健ちゃん。ちなみにこの振り袖は、私が20歳の時に、着た着物です。

 

「たしかに、姿形は、ヤマトナデシコじゃ。でも、わし、性格を知っちょるきなあ。」


真ちゃんが、小さい声でつぶやいていた。

性格を知らない健ちゃんは、真美をヤマトナデシコと思ったのか、

 

おぉ、すごいです。きれーです。お祝いの日ですね。

今から、あなたたちのために、弾きましょう♪」

 

と、我が家の小さな洋間でミニコンサートをしてくれた。

なんと贅沢なプレゼント! 

 

たぶん、Cassado

ガスパール・カサド<1897-1966>チェロの歴史の中でも最も偉大な演奏家・作曲家の一人)

のPreludeだったと思う。

 

名曲を目の前で、次々に弾いてくれた。

ソフアに座って4人で聞きながら、

 

「ああ…真美が、20歳になったんだ。今日の日を迎えられて、ありがとう。」

 

そう思ったら、涙がぽろぽろこぼれた。

 

山ちゃん家で成人のお祝いミニコンサートをする健ちゃん

 

 

 

 

そして、大晦日。

友達の百ちゃんの車で雪の中を走り、みんなで豊前善光寺へ初詣。

除夜の鐘をついた後、火を囲んで、

「あけまして おめでとうございます!」と、新年のごあいさつ。

小雪が舞う境内で、甘酒をいただいた。

 

 

こじんまりして風情のあるいいお寺じゃん。

あたしは、つい力んで、ゴーン!!とついたけど、

健ちゃんの鐘の音は、やさしく、ぼわ~んと柔らかい音だった。

やっぱ音楽家。どっか音が違うちゃね。

竹灯籠の明かりがちらちら揺れて、美しい夜だった。

 

 

 

1月2日、パリからもう一人のお友達、あやちゃんが合流。

クラッシクのコンサートを知りつくしているあやちゃんが、

ボランテイアで3日、4日とコンサートのあれこれを手伝ってくれた。

あやちゃんの話すフランス語は、音符のついた言葉みたい。

歌を歌ってるような、ささやいているような…引き込まれてゆく心地よさ。

彼女の知識と通訳は、百人力!

 

 

いろんな人の力が集まって、コンサートは、3回とも大成功だった。

 

 

 

 

お別れの前日は、湯布院の亀の井別荘でのコンサート。

中谷健太郎さんの、一流のおもてなしを受け、健ちゃんさらにパワーアップ。

あれは森の妖精が、魔法をかけたような演奏だった。

あの空気、映画『御縁玉』で再現されるといいなあ。そ

したら、あなたにも、きいてもらえるのにね。 

 

いよいよ、お別れの日。

再会した宇佐駅で、お見送り。

健ちゃんは、タカサキセンセイの作務衣に、

亀の井別荘の小さな紙袋をぶら下げて、超身軽。

 

「ワタシの荷物は、ソウコに入れて、預かっててね。

また、来ます。会いましょう。」

 

と、ニコニコ。

あっという間に、健ちゃんは、あたしたちの、新しい家族になった。

 

汽車のベルが鳴った。

あたしは、ポケットから五円玉を出して、ギュっとにぎりしめメソメソ。

 

「4ケ月間、私を守ってくれた五円玉。ありがとう。

今日からこれは、真美のお守り。真美の元に返すよ。」

 

そんな気持ちで、真美に五円玉をわたした。

 


健ちゃんは、真ちゃん、カズ、あたし…と順にハグし、

最後にマミと握手。二人は何やら、言葉をかわしていた。

 

 

健ちゃんが、汽車に乗った。ドアが閉まる直前、

健ちゃんが、こちらを見て、手をパッとひらいた。

 


はあ~~~!!??ええ~~!!??

 

 

五円玉は、健ちゃんの手のひらにあった。 

 

 

 

「サヨウナラ アタラシイ カゾク アリガトウ」

 

 

と言い、

 

健ちゃんは、去って行った。
 

 

 

 


あれから1ケ月が経った。

今、五円玉は健ちゃんと共に、ニューヨーク、ドイツ、スペイン、イギリス…

と演奏の旅をしている。

 

 

 

地球をぐるぐるまわって、このご縁は続きそう。

 

 


健ちゃん、えぐっちゃん、あやちゃん、楽しいお正月を、ありがとう!!

 

 

 

 

 

※ そうそう、1日に無着成恭さんの泉福寺へ行った話は、いつか書くね。




コメントをどうぞ!

 山ちゃん、こん○○んわ!
 正直で、いつも一生懸命ということが良~くわかります。
 昨日、痛み止めをもらってきて寝たら、今日はもう、機関銃のように、キーボードを叩き・・・、あまり無茶はせんでください。
 でも、「健ちゃん」との出来事を読んで、読むたびに、ジーンとうれしくなりました。
 御縁玉~最終回にならないでよかった。・・・再び旅をしている五円玉さんに祈りを込めて。
 

投稿者あきこ:2008年02月06日 22:27

はーい。読んでくださってありがとう!そうですね。冬眠します。永眠しないように、冬眠します。

投稿者山ちゃん:2008年02月07日 22:07