みなさんへ

2008年02月06日

アンビリバボーで、私が朗読した

「生きているということは」の詩は、


私がずっと尊敬してきたお友達、

永六輔さんが書いた詩です。

 


本当は、もっともっと長い詩です。

 


すんごいすてきな詩です。

永さんは、この詩をご自分で、歌っています。

 


 

私は、そのCDを聞きながら、

この詩を暗記しました。

 

 

 

暗記の苦手な私が、すっかり覚えた詩です。

 

 

よかったらあなたも、CDを聞いてみてくださいね!

 

 

ここをクリックしたら、買えます♪




コメントをどうぞ!

"生きていることは、誰かに借りをつくること
 生きていくということは、その借りをかえしてゆくこと”・・・これが、永六輔さんが歌っている”生きているということは”の歌っている歌の歌詞とは、今まで知らなかったです。
 ただ、これまで生きてきて、死ぬほどに辛かった節目のときに助けてくれた人に、「何のお礼も出来なくて・・・」というと、必ず、この言葉を返してくれました。
 その時々の景色が時々、鮮明によみがえってきます。・・・そうだ、そうだとうなずきながら、この歌を歌います。

投稿者やじまあきこ:2008年02月12日 13:26