山ちゃんのひとこと日記です。

2008年03月06日

個室です。

 

パソコン持参の入院。


しかも、ネットもつながるお部屋にいます。

 

小さなキッチンもトイレもついています。豪華じゃん!

 

 

 

窓からはお庭が見えます。

 

 

 

小鳥がいっぱい遊んでいます。

 

 

 

ここの設計士は、なんと湯布院の亀の井別荘の設計をした人なので

 

オシャレです。

 

 

 


左隣の病室のおじいさんは、通称小鳥の学者さん。

 

 

 

元気な頃は、山に巣箱を80個置いて、鳥にえさをあげ、

 

 

鳥の居場所を作ってきたそうな。

 

 

 

 

今日もおじいさんは、みかんやりんごを庭に、並べて、小鳥と話しています。

 

 

りんごがブランコのようにイスにすわって、木の枝からぶらさがっています。

 

 

みかんは、半分に切って、空の方を向いて、えさ台の上にあります。

 

 

 

 

 

 

 

「好きなことをしてください。やり残したことや気がかりなことはないですか?」

 

 

 

医師からきかれて、おじいさんは、小鳥の話をはじめたそうです。

 

 

 

ここに1ケ月、入院しているおじいさん。

 

 

 

あなたのお陰で、毎日すんごい数の小鳥たちを見ることができます。

 

 

 


どうぞよろしく。

 

 

 

私は、隣の部屋の山ちゃんです。

 

 

 

 

昨日の夜、右となりの部屋のおじいさんが、亡くなりました。

 

 

いろいろあって人生。