高速道路ぶっ飛ばし講演!

2008年03月10日

3月8日、九州大学百年講堂で、

 

九州乳がんチーム医療研究会があり、

 

なんと、あたしが「特別講演」ちゅうのをしました!


と、書くと入院中の山ちゃんがなんで ??と思うでしょうが、

 

病院から会場まで寝たまま、

 

車で2時間かけて高速をぶっとばしてもらって、

 

行っちゃいました。

 

 

だって、あたしの主治医の藤吉先生も出席なさるというし、

 

何かあったら、ドタキャンしてもいいよとまで言ってくださる

 

ドクターたちの心配りが、患者のプロのあたしの心をくすぐり、

 

「いけばなんとかなるさ」というノリになったのです。

 

 


入院している病院の医師も、痛みどめをぎゅっと手ににぎらせてくれ、

 

「絶対大丈夫、痛くなったら、これをごくんと飲んで下さいね」と、

 

親が、旅立つ子どもにおにぎりを、持たせるように、

 

愛情いっぱいのモルヒネをくれました。

 

 

また、1週間前から、薬の調整をしっかりしてくれ、

 

すばらしいチームワークで、あたしを支えてくれました。

 

ありがとうございました。

 

お陰様で、なんとか普通に話ができ、うれしかった~!!


 (後で聞いたら、講演は、ナゼカ大好評だったそうです。)

 

  

 

 

 

テーマは、「私の乳がん体験といのちの授業」

 

 えっ? どんな話だったかって?

 

 


実は、講演のほとんどは(以前放送された)NHKの生活ホットモーニングの

 

「いのちの授業をもう一度」の、録画放送を見たのですが、

 

これがすんげえいい作品なの。

 


あなた、見たことある?

 

もし、見たい人は、生活ホットに再放送の要望をしたら、見れるかも…?? 

 

 

今まで、お世話になったお医者さんたちに、お役に立てて良かった!

 

と、ほっとした一日でした。

 

 


 生きているということは、誰かに借りをつくること


 生きてゆくということは、その借りをかえしていくこと

 

 

 

 九州の乳がんのお医者さんたち250人の前で、特別講演をする山ちゃん。




コメントをどうぞ!

柏森ちゃんへ
 読者から、おとといのブログが長すぎて読みにくいので分けたほうがいいのではという意見をもらいました。
 お手数ですが2回に分けて載せてもらって良いですか。
 お願いしますね。

投稿者山ちゃん:2008年03月11日 12:02

山ちゃん、了解しました!

投稿者kashiwa:2008年03月11日 12:32

こんばんわ。

「生きているということは、誰かに借りを作ること
生きてゆくということは、その借りをかえしていくこと」

この言葉、私も大好きです。佐藤先生から「山田さんが言っていた言葉なんだよ。」と聞いてから、好きになりました。こういう、生きるとか、いのちに関することにはすぐ反応してしまうんです・・・笑
私も生きている間に、誰かに借りた何かをかえしていきたいと思います。

山田さん!治療、頑張りましょう!
近くには居られないけど、一緒に頑張りましょう。

投稿者帆足 優:2008年03月12日 22:30