抗がん剤で体、だる~い日々!

2008年04月24日

昨日の、水曜日の保健室は、いつもの4人のお子ちゃまと、

 

インスタントスピーチをしながら、お話をするゲームをしました。


今回のテーマは、「雨」、「友達」。

 

雨と聞いて思うことばをそれぞれが書き、かごの中に入れます。

 

 

たまたまカードをひいた人が、そのカードについて書いている

 

「ことば」に、ひらめいたことをお話をするというゲーム?のような

 

「話す練習」を続けました。

 

これが、なかなかおもしろいのよ。

 

 

そんな水曜日の保健室の取材に、大分放送のテレビやら

 

大分合同新聞の記者さんが来ました。

 

 

 

子ども達の表情がだんだんやわらかくなり、

 

よくしゃべるようになったねと、テレビクルーがちょっと驚いていました。

 

 

 

 

 

 

今日は、

 

東京からわざわざ村瀬幸浩("人間と性"教育研究協議会・代表幹事)、敦子ご夫妻が

 

お見舞いにきてくださいました。

 

 

 

多忙なお二人が東京から、わざわざ!

 

 

 


午後から夜にかけて、ゆったりお茶したり、

 

食事したりして過ごしました。

 

 

 

 

 

 

今日は、朝から吐き気が強くて、

 

動けないくらいつらかったのですが、

 

村瀬ご夫妻とおしゃべりしていたら、

 

おっと吐き気を忘れてました。

 

 

楽しいひとときでした。




コメントをどうぞ!

悪阻もどきでブログは暫らくお休みとの事。辛いんだなー。悪阻っていえば、さすが産婦人科の医者でも、自分の吐気は止められなかったなー。辛かった。悪阻には個人差、期限切れというのがあるけれど、抗がん剤は-------でも村瀬夫妻との出会いの間だけでも止まっていたとの事。よかった。疲れない程度に、人と接していてください。村瀬ご夫妻から、山ちゃんの現状報告がもう届いています。パワーをいただいた由。近々村瀬夫人と共通の友人で、乳がんの再発と戦っている画家の個展を見に行きます。この人もがんばっています。今連休の前、出版は、最後の追い込み?楽しみです。

投稿者堀口雅子:2008年04月27日 13:04