豊後大野市でひなのちゃんと再会!

2008年07月23日

大野市で講演会。

 

ひなのちゃんとひなのちゃんのお母さんとトーク。

 

 


ひなちゃん

「山ちゃんの言葉で一番心に残ったのは、『一日一生』という言葉です。

 私も、生きられるだけ生きたいです」

 


おかあさん

「ひなのがやりたいことを、精一杯やれるように見守りたいです」

 

 

 

 

この日もたくさんの方がお越し下さいました。

 

ありがとうございました!

 




コメントをどうぞ!

山ちゃーん!ウナギ食べましたか?私は食べましたよぉ。たぶん養殖だと思われます。美味しかったんで良しとします。豊後大野市講演会きてくれありがとうございました!お疲れ様でした。山ちゃんをみたとき山ちゃんオーラがビンビンでてましたよ!真ちゃんが座りよと心配していたのが印象に残ってます。ひなちゃんかわいかったぁです!意志を持ったしっかりした強い子だと思いました。最後に「いきようよ」を大合唱しましたね!山ちゃんの美声にうっとりしました。まだメロディーが脳裏に残ってて鼻歌で出てきます!山ちゃん私の自分をさらけ出せる人ワ彼氏です。4年前から一緒にいます。私たちも喧嘩しません。私も山ちゃん真ちゃんみたいな夫婦になりたいです!山ちゃんに会えて本当に良かったし嬉しかったです!もし、今、山ちゃんが病気じゃなかったら何をしてますか?ではではチェロの音色で癒されてこれからの講演会頑張ってください!暑い日が続きます、無理しないでね! 愛李でした。

投稿者あいり:2008年07月24日 20:15

もし、病気じゃなかったら保健室のおばさんの仕事をを50歳までやって、退職して全国の小・中学校、養護施設へ飛び込みで行き、子ども達に性教育の授業をしてまわっていたことでしょう。それが夢でした。がんが転移しなければ、いのちの授業や性教育を、とびこみ授業であちこちに行って、子ども達にしていたと思います。痛みや抗がん剤の副作用で、それができなくなったことが、悔しいですわ。でも、こうして家の中でクーラーかけてゴロゴロしている自分も、まあ、ズッコケた私らしくていいかなあなんて思っています。思うようにならないのが人生なんだなあってつぶやいています。

投稿者山ちゃん:2008年07月25日 09:58

ありがとうございます!山ちゃん、病気にならなくても飛び込み授業はしていたんですね!素晴らしくステキです☆

投稿者あいり:2008年07月25日 21:20

突然マイクを向けられ、子どもたちみたいに自分の気持ちを素直に表現できなかったのが申し訳なかったです。
大野会場では、ひなのちゃんと山ちゃんとお母さんのステージが、とても大切な命の授業の空間であったと思います。ひなのちゃんは見事にバトンを受け取ってると感じました。
私は、「ひとりから」という言葉に背中を押され、ちょっとだけ変われたかな、と思ってます。同世代の山ちゃんに、勝手に親近感を抱いて、何か元気をもらってます。本当にありがとう。また、お会いしたいです。

投稿者yayoi:2008年07月25日 21:56