先日の大分県教組 大分支部 青年部での講演会の感想文です

2008年07月24日

参加されたほとんどの方が書いて下さったようです。

 

 


大分の教育関係者のことはテレビや新聞で毎日報道されていますが、

 

若い教職員たちの感性は、やっぱり、やわらかいですね!!

 

 

講演させていただいて良かった!! 

 

これを読むとそう思います。

 

感想文→→ファイルをダウンロード

 

 

 

感想を一生懸命パソコンにうってくださった上野真さん、ありがとう!!




コメントをどうぞ!

感想を掲載していただき、ありがとうございます。みんなの思いが伝われば、幸いです。先ほど、当日は忙しくて感想が書けなかった執行部の子からFAXで感想が届いたので、ここに書かせていただきます。

「先日の講演会、ありがとうございました。情けないのですが、涙…で聴かせていただきました。また、上野さんに『本を事前に読んでおくと自分のためになるよ』と言ってもらっていたのに、実行しなかったことをとても後悔しました。つまり、私は周りの声に耳を傾けていなかったかな…と、自分について振り返りました。職場やプライベートな人間関係で悩んでいる私にとって、涙がでたのは、山田さんのおかげで、自分自身について考えられたからだと思いました。本にサインをしていただいた時の握手。とても力強いのかと思いきや、すごくやわらかでした。力強いだけが、人を動かすわけではないのですね。現在の私とちゃんと向き合い、まずは自分のことを頑張ります。今すぐには…でも必ず。また会いたいです。」

投稿者上野 真:2008年07月24日 22:12

私も21日の講演会に参加をさせて頂きました。まず、一般でありながら参加をさせて頂いた大分県教組大分支部青年部の皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
山ちゃんに会える機会を作って頂いてありがとうございました。

「子供の少しの変化を喜んで」この言葉は心に染みましたね。私は教職員では無いですが、PTAの役員として、そして親としてこの言葉を忘れずに子供達に接していきたいと思います。
そして本の中に書いてあるいろんな山ちゃんの言葉は好きですが、山ちゃんの恩師の宇野先生の「出たクギは打たれるけど出すぎたクギはうたれない」この言葉、大好きです。

投稿者くわはら:2008年07月24日 22:13

上野さん、執行部の子…子という表現に笑ってしまいました。執行部の人って大人でしょ??それにしても全部をパソコンに入力したっていう熱意がすごいなあとびっくりしました。うれしかったです。本当にありがとう。くわばらさん、お子ちゃまをだっこして聞きにきてくださってありがとう。2時間近くも小さなお子ちゃまはがまんして会場にいたってことが驚きでした。ありがとうございました。さて、明日から東京です。暑いだろうなあ。


投稿者山ちゃん:2008年07月25日 09:45