映画「御縁玉GOENDAMA」上映会

2008年07月25日

7月27日(日)、東京での講演後、その会場で、

 

急遽、上映会を開くことになりましたぁー!!!

 

 


7月27日は、東京生と死を考える会で講演後になんと、

 

映画『御縁玉(GOENDAMA)』の上映会をすることになりました!!

 

まことに急な決定です。

 

 


パリと大分、天才チェリストと「保健室のおばさん」。

 


1万キロを超えてつながった魔法のような本当の物語を、ぜひご覧下さい。

 

 

※映画は事前の申込みは無くていいそうです。

 

日時 7月27日(日)  17:30頃

 

場所 船堀タワーホール 同会場

 

会費:カンパ制です

 

 

 




コメントをどうぞ!

『GOENDAMA』是非観たいのですが行かれません。どんなに心打たれる内容であるかは想像出来ますが、観られた方にはぜひ、その感動を回りの方々に発信していただきたいと思います。
ここ最近の暑さはかなりすごいものがあります。ここは標高750mほどの所ですが家にはクーラーを備えていないのでバテてます。
喜び詰まった一日になると思います。楽しんできてください。

投稿者mino:2008年07月27日 09:03

山ちゃん東京お疲れ様でした。御縁玉っていう映画、私もみたいです!もう、大分では上映されないのですか?(/_;)

投稿者あいり:2008年07月27日 18:20

先日はお疲れの所、しつこく追い回したあげく、ご馳走になり恐懼に堪えません。
山ちゃんは、信じられないほど多くの人に支えられ、また、桁違いの多くの人々に命の意味を実感させるという不思議な存在です。
どうぞ、無理せず、明日を信じて気張らずやりましょう。他の奇跡も起こります。奇跡はすでに山ちゃんが体験しているはずです。

お約束の山の幸と写真、もう少し待ってください。

投稿者写真屋:2008年07月27日 20:35

blogで「GOENDAMA」上映を知り、本日、拝見しました。心地よいチェロが流れ、淡々としたドキュメントに、いつしか入り込んでおり、あたたかいものを感じました。ありがとうございます。

投稿者ike:2008年07月27日 23:20

講演はもちろん、映画もすごかった。
パリと大分を結ぶ縁という物語も面白いけれど、人間って何だろうね、という根っこを突きつけられるような映像の連続でした。
チェロの音色が、ある時は優しく寄り添ってくれたし、ある時は厳しく迫ってきたし、ある時は、、、きりがないほど、感想も解釈も喚起される映画でした。大分の雲、子どもの真剣なまなざし、チェロの太く繊細な調べ。
余韻が体に収まらないほどの、すごい映画でした。
でも、次に見るチャンスはいつ来るのでしょう。山ちゃん、ありがとう。

投稿者たん:2008年07月28日 02:10

東京の講演お疲れ様でした。お忙しい所に突然声を掛けて申し訳ありませんでした。知らない人が図々しく肩を叩くのでビックリされた事でしょう。小学生の私も立派な?オバサンになりました。変わらない声を聞きながら、懐かしさで胸がいっぱいになりました。ありがとうございました。昔話に花を咲かせればなぁ~と思っています。

投稿者小野美香:2008年07月28日 20:09

昨日はお疲れ様でした。こちらに書いた方がよかったですね。
 また東京でお会いできたこととても嬉しかったです。映画までいられず、残念でしたが、いただいた「種」を「小枝」にしたいという思いでいます。
 昨日改めて感じたことは山ちゃんの「魅力」です。理屈じゃない。一瞬を「山ちゃんワールド」にするオーラがあります。それが、ここまで「いのちの授業」を広めてこられた理由のひとつだなと実感しました。
 ゆっくり休んでくださいね。毎日ここ拝読してます。
 

投稿者小枝:2008年07月28日 21:28

東京まで来ていただきまして本当にありがとうございました。
またひとつの夢が叶いました。
やまちゃんの体調を考えると胸が痛みますが私は本当にうれしかったです。
”感無量”とはこのことだと…
TVよりもブログの写真よりもずっとずっと美しく驚きました!
途中で涙が止まらなくなりどうしようかと思いました。
ここまで感動した講演会は初めてです。
”御縁玉”まで見ることができ私はなんてラッキーなのかと改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
上野さん、関係者の方々ありがとうございました!!

投稿者小田原A.M:2008年07月28日 22:51