朝日新聞コラム「豊後ジャーナル」⑥9月13日付

2008年09月13日

連載中の「豊後ジャーナル」6回目です。転載します。

 

吐き気で、クマのように、家の中をウロウロしています。


 

病気と向き合うステキな友人たち

 

 

動くことがつらいときは、郵便や電話、そしてメールが私を支えてくれる。

 


今日も郵便受けには5、6通のハガキや手紙が届いた。

 

闘病中の患者や、子どもや兄弟を亡くした家族からのお便りが多い。

 

その中に、色ペンで書いたカラフルなハガキがあった。

 


「山ちゃんへ 病院に行ってきました。検査の結果はよかったです。

 

夏休みの宿題がヤバイデス。デモガンバッテやるネ!! ひなの」

 

 


ひなのちゃんは13歳。

 

急性骨髄性白血病を再発し、しんどい治療を受けたが、

 

今は普通の中学生生活を送っている。

 

 

私が抗がん剤治療をためらっていた時

 

「ひなができたんだから、山ちゃんも耐えられる!」と気合いを入れてくれた。

 

元気を分けてもらう“闘病友だち”だ。

 

電話で励まされることもある。

 

Aさんは31歳。私と同じように乳がんが再発・転移し、抗がん剤の治療中。

 

今日もスーパーのレジを打っている。

 

 

「よく、がんばれるなあ」と言ったら、

 

 

「私には、6歳と4歳の子どもがいるの。

 

夫とは離婚したし、子どもたちを育てるお金も必要なんよ。

 

それに、外で働くほうが自分には合ってる」と明るい声。

 

「子どもたちがね、お母さんがきつくないようにって

 

毎日ふとんをしいてくれるの。私はがんに負けるわけにはいかないの」

 

 

 

Tさんからは、乳がんが骨に転移し、

 

胸水がたまって家で暮らすのがつらくなってきたとメールが届いた。

 

 

「ホスピスにいつでも入れるように手続きをしてきました。

 

これで安心しました。この夏は中学生の娘に家事をしてもらって、

 

娘に頼ってばかりいました。最後の娘の体育祭を見に行きたいです。

 

一日でも一秒でも生きないと!」

 


 
Yさんは、乳がんの告知の時、3年は持たないと言われたが、

 

20年目を生きている。

 

肺やリンパに何度か再発したけれどそのたびに、

 

手術や抗がん剤治療を受けた。

 

 

先日、電話したら「念願のスイスに行ってきたの!」とはずんだ声。

 

医師からは「この状態でよく行く気持ちになりますね」と言われたそうだが、

 

「この状態だから行きたいのです」と言ったらしい。

 

Yさんはカラカラと笑って言う。

 

「治っていないけれど、あきらめてはいない。

 

好きなこと、やりたいことをやってますよ」と。 

 


 
進行していく病気と向き合い、

 

あきらめずに投げ出さずに生きている友人たちがいる。

 

心がふれあうと生きる力がよみがえってくる。

 

私も一歩ずつ、一日一日歩んでいかなくっちゃ。


 

 

今月はY高校で高校生200人に「いのちの話」をすることになった。

 

どんな高校生だろう? 

 

会うのが楽しみだな。

 

 




コメントをどうぞ!

山ちゃん、ありがとう。ひなのさんの学校生活が友達に囲まれ、うんと楽しく充実した日々でありますように、Aさんがいつまでもお子さんたちと笑顔で過ごせるように、Tさんの娘さんの体育祭、娘さんの元気いっぱいの活躍を見ることができますように、Yさんが一層好きなことに没頭できますように、そして、山ちゃんが、ごくせんのヤンクミのように、高校生の前で、熱く熱く語れますように!お祈りしています。

投稿者hori:2008年09月13日 22:01

抗癌剤の副作用は本当にきついですよね。吐き気は必ず消えると分かっていても、ずっと船酔い状態のようで参りました。倦怠感はもっと表現不可能なつらさで、座るとだるいので、寝るのですが、寝てもだるいので、「どうすりゃいいの?」という感じでした。あのころは、ゆでエビのように丸まってラジオを聞いていました。落語のCDが良かったですので、そのうち送ります。
9月から文部科○省に出入りすることになりました。キマジメなお役人たちに、折に触れて山ちゃんの本をお薦めしていくつもりです。お役人も含めてたくさんの人が映画も観てくれるといいなあ。江口監督、結構、手を加えたという噂ですので公開が楽しみです。

投稿者うえの:2008年09月15日 17:14

いよいよ 映画の上映に向けてスタートです。こういう流れになったのも、うえのさんのペンの力があったからこそです。うえのさんに出会ったことで、私の人生は、ぱあっとカーテンを開けたように視界が広がりました。すごい出会いを結びつけてくださったこと心からありがとうございます。公開に向けて、私のできることをこれから一生懸命やっていこうと思います。もうしばらく一緒にやってくださいね。

投稿者山ちゃん:2008年09月18日 21:46