「山ちゃん授業」、してきました

2008年09月18日

Y高校の講演終わりました。

 

半年以上、学校というところには行かなかったので、

 

ひさしぶりにちょっとだけがんばりました。


かわいい高校生ばっかりでしたよ。

 

恥ずかしがり屋でモジモジしている子、

 

プイと斜めを向いているけれど、耳はちゃんとこちらを聞いている子、

 

何か質問しようと一生懸命な子、

 

みんな眼差しがやさしくてほっとするかんじでした。

 

 

 

ただ、私の体調は、体が重くて鉛のようだったし、

 

中が痛くて座っているのもしんどかったので、

 

学校講演は、もう無理かなあ…と、体で感じました。

 

 

でも、もし、これで最後になったとしても、

 

「うん、これで良かったな」と思える雰囲気で話せたので、

 

Y高校に行かせていただいて良かったな!と思います。

 

 

校長先生も熱心な方でしたし、養護の先生も一生懸命。

 

ようこそ!と迎えてくださったこと、うれしかったです。

 

 

帰りに車に乗るとき、自分の意志で玄関までお見送りにきてくれた

 

生徒さんたち、

 

ありがとう。

 

 

 

実習で作ったといういう植木鉢の花やみかん、ありがとう。

 

 

若者の笑顔にふれて、さわやかな気持ちになりました。


 




コメントをどうぞ!

 山ちゃん、高校生の子たちと素敵な時間を過ごすことができてよかったですね。Y高校の子たちにとっても山ちゃんとの出会いは、とてもとてもかけがえのない出会いだったと思います。
 子どもたちの笑顔に接しているこの仕事が、どんなに幸せな仕事かということを山ちゃんから教えられたような気がします。
 山ちゃん、山ちゃんから力をもらいたい子たちは、まだまだたくさんたくさんいると思います。だから、山ちゃん、子どもたちに力を与え続けてください。

投稿者hori:2008年09月18日 22:10

泉さん。まだまだ講演できたと知って、とてもうれしかったです。あなたの言葉で多くの人たちが、生きていく勇気をもらったことだろうと思います。でも、これからは、あまり無理をしないようにしてください。

投稿者高井郁朗:2008年09月18日 23:05

北九州市の床屋です。山ちゃんのお見舞いって伺う事は出来ますか?職業柄”お顔剃り”とか”耳剃り(お耳の産毛をジョリジョリ)”をしてあげたいなー(家内)、なんて勝手に思っているのですが・・・。21日の日曜日だと小学生の子供達と行けるので嬉しいのですが。

投稿者花井 丈司:2008年09月19日 00:44

みなさん、コメントありがとう。昨日も卒業生たちから電話あり、「会いにいきたいんだけど」といってくれたのですが、吐き気が続いていて、もうしばらく待ってもらうようお願いしました。床屋さん、ごめんなさいね。私は、どうも抗がん剤にすごく弱いようです。同じ薬でも平気な人もあるのですが、私はいつまでも副作用でだるいのです。困ったもんです…。

投稿者山ちゃん:2008年09月19日 09:07