もう、三回忌を迎えて・・・

2010年11月07日

泉さんが逝って、11月21日が三回忌の命日です。

この間、泉さんと「いのちのバトン」を繋いで頂いている

仲間の皆さんとのご縁で、泉さんに操られているのではないか

と思う出来事が今も続いております。


泉さんの著書「いのちの授業、もう一度」、「いのちの恩返し」の2冊は
今もなお読者に愛され、ドキュメンタリー映画「ご縁玉」は
全国各地で単独上映して頂いたており、来年2月には、
第3回「ご縁玉プロジェクト」と銘打って半月余りの間
(2月13日~3月6日)、
全国数カ所で「ご縁玉上映会」と「エリックのチェロ演奏会」イベントが
開催される予定です。

21日の三回忌に先駆けて、20日(土)には
コリアン歌曲にルーツをなすオリジナル曲を創作される
シンガーソングライター「廬 佳世(の かよ)」さんが
豊後高田市内の伯剌西爾珈琲舎(ブラジルコーヒー)で
泉さんとの思い出などこころ温まる歌声を披露して下さいます。
12月19日(日)には、歌う道徳講師と称されている
ピンクリボンキャンペーンボーイでシンガーソングライターこと
「大野靖之」さんが地元の学校ライブに合わせて、
市内真玉ミニコンサートホールにて、
以前からオードリーの会などで交流の深かった泉さんへの
「こころの交流ライブ」を開催して下さいます。

両ライブとも、事前の予約が必要です。
もし、お近くで、来場ご希望の方は、
氏名と連絡先を記入の上、開催日3日前までに
下記へFAXして下さい。
FAX送付先:0978-22-2552
山田 真一へ




コメントをどうぞ!

山ちゃんが逝って、2年の月日が流れたのですね。
 まだまだ、山ちゃんは、私の中で生きています。
 今年もいろんなところで、山ちゃんを語りました。

 とくに、今年3月自殺者を出したある中学校に「いのちの授業」に招かれたとき、山ちゃんが遺した絵本『だれもしらない』を紹介しました。

 後でおくられてきた感想文に「わたしは、あまりまわりの人と関わりをもちたくないと思ってきたけど、なみこちゃんのことを知って、同じような思いをしている人がいるかもしれない、と感じた。もうちょっとまわりの人へも関心をもとうと思った」と綴られているのがありました。

 山ちゃんのメッセージ、これからも必要としている方にこれからも届けていきますね。

投稿者tanemura:2010年11月21日 10:31

ご縁あって私もプロジェクトにかかわらせていただくことになりそうです。
しかもこのご縁も稚拙な私のブログを御覧頂いたご縁からなのです。
ドンドン山田泉さんを知っていただき、ご縁玉を広めていきたいと思います。

投稿者ももたろ:2010年11月23日 22:58

山田先生の授業、本で読みながら泣いてしまいました。私自身がしたかった授業でした。

今福祉の場で出会う子供たちに、保健室とは違う形で、大切なメッセージを伝えています。大人と違い、本当に真剣に怒ったり一緒に悩んだりするうちに、大切に思っている心がちゃんと伝わります。大人はいろいろな言い訳を言って逃げますが、子供たちからは嫌われることがありません。本当はこんなにも関わりを望んでいる子供たちに、大人が時間を割いていない事実を実感します。立ち直って学校へ戻っていく子の後ろ姿は、頼もしい限りです。

来月は、2年前には学校が対応できないと訴えてきた子の卒業式です。今では「うちの学校で卒業させてやってほしい」と先生がたから頼まれるほどになりました。山田先生にメールが送れたら、どんな返事をいただけたでしょうか?

養護教諭に早くなれるよう、頑張ります。

投稿者ほけんしつ:2011年02月14日 21:18