朝日新聞朝刊生活面(11月15日)山ちゃん出てます!(管理者)

2008年11月15日

15日の朝日新聞生活面に、大きく映画完成の記事と、

 

山ちゃんのコメントが載ってます!!


朝日新聞大分県版

 

大分合同新聞

 

読売新聞大分県版




コメントをどうぞ!

14日の日経新聞夕刊にも大きく載っていましたよ。
映画公開おめでとうございます。
私は名古屋での講演で,初めて山ちゃんに会いました(講演会に参加しただけですが)。会えて本当に良かったです。そのときに映画もみましたよ。

体調はいかがですか。どうぞお大事にしてください。
少しでも楽になるよう,祈っています。

投稿者I:2008年11月15日 09:39

『ご縁玉』見て来ました。なんて 言葉に表していいかわかんない位 素敵な作品でした。エリックの生演奏聞きたくなりました!それと 子供達のあの嬉しいそうな顔が印象的でした。上映後の江口監督の挨拶に涙しました。素晴らしい作品に出会えた事に感謝します。ありがとう(^▽^)

投稿者ひなママ:2008年11月15日 18:33

朝日新聞読みました。高橋美佐子記者の記事、真ちゃんといっしょの山ちゃんの写真もとてもよかったです。映画の上映もいろんなところで、決まっているんですね。すごい。

「桜は見られないだろう」と医師に告げられて何回も桜を見た知人がいます。
映画の上映が、山ちゃんの生きる力になればいいなと祈る気持ちです。

投稿者種村エイ子:2008年11月15日 19:02

新聞の記事読みました。気の利いた言葉が見つかりませんが、土谷先生の時代から約三十年の時を越えて応援しています!

投稿者小野美香:2008年11月15日 22:53

はじめまして!日経新聞で「ご縁玉」の記事を見て 山田さんのことを知りました。私も乳がん患者です。昨年手術、その後 抗がん剤と放射線の治療を経て 現在はホルモン療法中です。今のところは異常がないですが、正直、いつか再発するかも・・という恐怖が時々頭をよぎります。でも、乳がんに負けず ご活躍されている山田さんの生き方に とても勇気づけられました。びくびくしてないで命あるかぎり せいいっぱい生きたいという気持ちがわいてきました。私には山田さんのように 社会に貢献できる力はないですが まずは 私の病気のせいで迷惑をかけっぱなしの家族や 寂しい思いをさせている3人の子供たちのために生きたいと思います。

投稿者オレンジジャスミン:2008年11月15日 23:23

BSニュース19時でも一寸紹介していましたよ。
大分の試写会の話しです。
江口監督が『からだの調子が悪くて・・・』と目頭を抑えていました。

投稿者堀口貞夫:2008年11月16日 11:59

山ちゃん、こんばんは。
新聞記事、読みましたよ。大分での上映開始、おめでとうございます。山ちゃんの生き方が、多くの人を引きつけて出来上がった作品。わたしも、そのうち必ずどこかで観せていただきますからね。

投稿者村末:2008年11月16日 21:17

今日、映画を観ました。何度も涙が、目じりからツーと落ちました。必然という縁で結ばれた、脚本家にも書けないふたりの物語。たくさんの方に観てもらいたいですね。
ところで、1月3日のケンちゃんのコンサートのとき、彼が修行僧に見えた訳が映画を観て分かりました。児童養護施設で断髪式をしたんですね。きっと、そこにも物語があったのでしょうね。
さて、山ちゃんファンの皆さんへ。がんの実用誌「がんサポート」12月号で、山田泉さんと鎌田實先生の対談記事が掲載されています。ケンちゃんのチェロセラピーを受けたときのことが詳しく語られています。ご一読を。

投稿者多田喜代子:2008年11月16日 22:46

映画観ました!
本当に「素敵な映画」でした。
エリックマリアのチェロも映画館で聴くと迫力が違いますね。是非、この映画を多くの人に観てもらいたいですね。

投稿者くわはら:2008年11月17日 09:03

朝日新聞拝読しました。5円玉・・・お嬢様がお渡しになったのでは?なんて思っちゃったけど、大々的な記事でしたね。桜見ましょう!

投稿者小枝:2008年11月17日 14:39

山ちゃん、『ご縁玉』各地での上演決定おめでとう!そして、多くの人に「ご縁の大切さ、素晴らしさ」がどんどんバトンリレーで拡がっていきますね!やったぁ!!先日、妹の絵本を読んで頂いた養護教諭の宮部朋子です。妹の絵本を読んでくださった時にお返事をいただき、そのお手紙を再び、読んでいました。そしたら、ちょうど今日、高橋美佐子さんからお手紙をいただきました。山ちゃんの手作り絵本を出版化できませんか?何かお手伝いできることがあったら、ブログで呼びかけてください。高橋美佐子さんにも、お願いしてみます。

投稿者宮部 朋子:2008年11月18日 17:31

今日、朝日新聞の高橋美佐子さんから新聞記事と『ご縁玉』のパンフレットが届きました。手書きのコメント入りです。ありがとうございます。私も名古屋でお話を聞いて以来、「ひとりから」できることを実践しています。小さなことばかりですが、山ちゃんに聞いて欲しいことがたくさんあります。一日も早く戻ってきてくださることを祈っています。

投稿者てっちゃん:2008年11月18日 23:03

“シネマ5”に観に行きました。
高田での試写会も良かったけれど、本当の映画館で観るともっと良かった~
本当に“シネマ5”いい映画館でした。
“シネマ5”でたまたま、知り合いに逢ったのですが時間がとれればまた、観ると言っていました。昼時の時間でしたが館内には20~30人ほど居ました。もっともっと、多くの人に見てもらいたいですね。

投稿者ヴィラ管理人:2008年11月19日 22:01

本日、夕刻の回で拝見というか鑑賞させて頂きました。公開前まではノンフィクションのドキュメンタリ的な作品と想像していたのですが、その私の想像も既に作品の一分なんだと思える程でした。
音楽の為に生きるのか、生きるための音楽なのか、そういう輪廻があり。しかしながら、本当に素晴しい音楽の前では、優劣をも超えた説得力があるのかもしれません。帰路につく間中に私の頭の中で鳴り続けたチェロの音が、まさにそれだと思います。

投稿者キツツキ野郎:2008年11月20日 23:17

山ちゃん先生おつかれさまでした 実はこの春一度レスしました 主人が5月21日3年間の抗がん剤治療の上 なくなるその日まで現役で たった一度の吐血で亡くなりました すいぞう癌でした そしておない歳?49歳でした 病気がわかった時 余命三ヶ月と宣告でした 十倍生きてくれたんです 病気は憎いですが 先生の命の授業は 多くの人に お気持ちが届いたことと思います

投稿者戸谷則子:2008年11月23日 19:48