2013年03月

パリの江口監督から(転載)

2013年03月12日

    

あの震災から、あっという間に2年が経ちました。

本日は、フランス東部、シャンパンで有名な街、ランス市で東日本大震災関係のコンフェランスが行われます。

私の映画『花見山の春-FUKUSHIMA-』は、放射能により汚染された土地を除染する人たちや、故郷について語ってくれる人々にフォーカスを当てたドキュメンタリーです。
今回ランス市から招待を受けて、私にとっての震災を語ってもらいたいと言う事で、コンフェランスに参加させていただきます。


映画自体はカトリーヌ・カドゥさんに最終チェックをして頂き、フランス語版が先週出来たばかりだったので、今回の3月11日には間に合いませんでしたが、4月になったらランスでも上映してくれるそうです。本日は予告編を流します。

 

パリ日本文化会館では5月25日に上映決定です。
第一作目の『ご縁玉』とともに『花見山の春-FUKUSHIMA-』がパリ日本文化会館(国際交流基金)のキャラバンツアーに出て行くことになっています。
フランス国中色んな所でこの作品を見ていただけることになりました。
本当にありがたいことです。

ランスの報告はまた改めて行わせていただきます。

最近新しいサイトを作りました。覗いてみてください。

http://interbay.jimdo.com/

それでは皆様良い一日を。


江口方康
Masayasu EGUCHI
INTER BAY